動画進化論

動画と教育について

マイクロソフトが歴史的なOS、Windows95を発売するまでは自宅にパソコンがあるなんて本当に限られていました。

 

また、パソコンやらインターネットやらは一部のオタクが利用しているものであり、いかがわしい物であるとの認識が社会で幅を利かせていたものです。

 

しかし、変われば変わるもので今では職場にインターネット接続されたパソコンが置いていないような会社は、かなり小さな会社と見なされる様になっています。

 

加えて、会社の公式サイトの出来栄えでその会社の信頼性を推し量ると言った向きも見られたりします。

 

さて、この様にインターネットが普及した昨今。

 

これを教育に利用しているシーンに遭遇する事だってあるでしょう。

 

実は、私自身、インターネットを用いた語学学習を経験しており、その時にはインターネット上で公開されているニュース動画やおもしろ動画、企業のCMなど、様々な英語の動画を題材にしたシャドーイング学習を行いました。

 

正直、勝手にこの様な動画を利用してもいいのだろうかとも思ったりもしましたが、あるいは何かと言うと許可だの権利だのとうるさい日本人に比べ、英語圏の人たちは基本的に自由に利用してもOKな法律でも作っているのかも知れません。
いずれにせよ、この学習のおかげで結構、英語力がアップしましたよ。

 

無料アダルト動画でも性教育になることができると思っています。あとは、性犯罪の減少に力を及ぼしているとも考えています。
結局動画は使い方によって、変化すると言うことでしょう。アダルト動画を悪とするのか、それとも善と取るのか!しっかりと教育していきたいものですね。

 

なかなか本心では無料エロ動画を観て性教育に役立ったということを言うことが難しいのが現実です。
でも、多くの大人は無料エロ動画〜lascivo〜などで色んなことを学ぶことができたと思います。

 

まだまだ知らないことがたくさんありますが、現実に性犯罪を起こすのではなく、動画で性欲を発散させるということだけでも大いに役立っている証明になっているでしょう。

 

 

動画を作るということ

皆さん、一度は動画を作ってみようと思ったことはあるだろうか?

 

私は過去に動画を作ってみようと思い立ち、素材を集めて動画を作ってみたものの、そのあまりの作業量の多さに驚いた記憶がある。現在、何気なく動画サイトで見ている動画を作っている人たちというのは、アマチュア・プロの垣根なく、大変な作業を行って作ってる人ばかりなのだ。

 

動画を作るには、まず動画を撮影したり素材を集めてこなければならない。どんな動画を作るかにもよるが、場面転換をするときには動画の一部分を切り、貼ってそのくり返し作業をしていく必要がある。かなり昔に流行ったMAD動画と言われるものはその最たるものであり、素材の一部を何十個、場合によっては何百個も切り貼りし、そこに音楽ファイルを切り貼りして乗せ、最終的に合体させることでひとつの動画が出来上がるのだ。

 

過去に作った例で言えば、5分間の切り貼り動画を作るのに、毎日10時間近く作業をして約2週間以上かかったことがある。これは大変な作業だ。お金をもらうわけでもなく、単なる趣味として行っているのだから「好きでなければ」作ることはできない。

 

ひとつの動画を見るときには、バックボーンにこうした膨大な作業があることを忘れてはならない。

動画を撮影するために

最近は誰でも動画を撮るということが非常に手軽に楽しめる時代になってきていると考えています。

 

昔はとても大きくて重たいビデオカメラを使わないと、なかなか綺麗な動画を撮るということは難しかったのです。

 

古いビデオカメラで撮った動画は専用のテープを使ったり、テレビにたくさんケーブルをつないだりして見ていましたが、私はよく間違ってせっかく撮った動画の上から新しい動画を記録してしまったりすることが多かったです。

 

操作を誤ってしまうと、テープなのでせっかく撮った動画が上書きされてしまうんです。

 

しかし、そんな不便な時代とは違って、今は誰でも手早く動画を撮影することが出来ます。

 

スマートフォンや携帯電話などで簡単に高画質な動画を撮影することが出来ますし、容量が大きいスマートフォンであれば長時間動画を撮り続けるといったことも難しくありません。

 

また、動画を綺麗に撮るにあたってあれば便利なものといえば、デジタルカメラやビデオカメラです。

 

今はデジタルの時代なので、昔のテープとは違ってデジカメやビデオカメラもかなり小型化していて、撮影した動画のデータも扱いやすいです。

 

動画を綺麗に撮るためには、なるべく手振れを避けるために固定したり、ズーム機能を上手く使うとおすすめです。

ネットを使った動画でお小遣いを稼ぎたいなら

ちょっとお小遣い稼ぎをしたいけど、外に出てアルバイトやパートをするのはなんか面倒くさい、と思っている人に自宅で稼ぐことが出来る方法があるんです。

 

それはライブチャットと呼ばれるもので、家にあるパソコンさえあれば自分の好きな時間にチャットをするだけでお金を稼ぐことが出来るというものです。

 

しかもノンアダルトでも時給2000円以上を稼ぐことが可能となっていて、お小遣いどころか主収入にもなることが出来るかもしれません。
もっと高い時給が欲しいと思うのであれば、アダルトチャットでバイトすることです。アダルトライブチャット人気ランキング〜リアル体験談〜では、そういったアダルトチャットの体験談を観る事ができます。
とはいっても、最初はなかなか敷居が高いはずです。知らない男たちの前で裸を晒すことになるのですから当然といえば、当然です。でも、数回やってみれば、すぐに慣れてきます。常連のお客さんがついてくれたりするので、チャットが楽しくなっていきます。ファンができる喜びをライブチャット動画を通して、知ることになります。

 

動画といっても、まんこ動画のように誰かとセックスをするのをユーザーに見せるのではありません。そういったことを求める人たちは、こういった動画を利用するからです。http://siroutodougafc2.blog.fc2.com/ココはプロの男優や女優がセックスしているところを無料で楽しめるサイトです。

 

でも、アダルトチャット動画などはおっぱいを見せたり、下着を見せたりするお仕事です。

 

チャットの際は相手の顔は見えないですし、自分の顔をあまり見せたくないという人はチャットだけという選択肢もありますよ。いろいろな人とお話をして、お小遣いも稼いでみたいと考えている人にライブチャットの動画に出ることはオススメですよ。

 

 

 

 


 
動画ボンバー サイトマップ