多チャンネル時代の選択

多チャンネル時代の選択

近年、過去の映画やドラマ、スポーツ映像やアニメ、ドキュメンタリーなど、一度放送された内容であっても何度も再放送されるようなコンテンツが大量に増えてきています。

 

なので、専門のチャンネルを設けて好きな人を集めて動画をたくさん見る事ができるようなシステムが増えてきました。以前は、ケーブルテレビと衛星放送だけと思ってたのに、テレビのオンデマンドサービスだったり、ネット経由の動画配信サービスがあるなど「多チャンネル時代」と言われるようなってきました。

 

私は好きなアニメを再度全話見るという趣味があり、1話から最終話まで全てダビングしてから連続で見るのです。すると、物語の中に集中して入っていけるし、待たずに最終話まで見る事ができるので非常に楽しめるのです。

 

多くのデータをダビングするので、パソコンで動画をライブラリにできる方法が最も望ましいと思うのですが、私が効率が良いと思えるパターンのサービスは今のところないので、ハードディスクレコーダーを経由させて、ダビングしていくという方法となります。

 

多チャンネル時代でチャンネル数はたくさんあったとしても、自由に撮りためていく方法でないと難しいと思います。保存した動画は、いつでも配信されるオンデマンドの場合とは違い、所有する喜びがあるのです。


 
動画ボンバー サイトマップ